医療訴訟と医師

医療訴訟とは、その医療に対して、問題となることが起こった時に起こす訴訟のことをいいます。
ピンとこない方のために、医療ミスで病院を相手取って行う裁判といえば理解していただけると思います。


医療ミスは絶対に起こってはならないこととされていますが、その内容が本当にミスなのかどうかの判断もできないこともあります。
ですから、訴訟でハッキリさせようというのが医療訴訟になります。


適切な治療は、医師としての義務とされています。
時には人間だから間違いもあるということは許されないことですが、現実には多くの医療ミスが行われていて、多くの生命が奪われています。


しかし、ここからが難しい判断ですが、医療ミスが原因での死亡なのか、そのことがどんな影響を与えたのかを実際に争うことになりますが、すでに体力が低下している場合、治療ミスではなく寿命と見ることもできます。
医学用語を引っさげて、何かと反論してくることになりますが、病院としても必死です。


医療訴訟があることで、その医師に非がなくても評判は良くないといえます。
もしそれが死亡事故等の場合は、一気に患者が減少してしまうこともあるとされています。
人間のすることですから、間違いはあるかもしれない、そんな甘いことはないのですが、詳しい説明については、きちんと医師の口から聞いて、納得いかない時には、医療訴訟も仕方のないことです。
医師としたら、訴訟の場ではなく、遺族などに謝罪があると良いのですが、医師は基本的にはそのようなことはしないです。

Copyright © 2014 医療訴訟と弁護士 All Rights Reserved.